お問い合わせ窓口

SEM

SEMとは「Search Engine Marketing」の略で、日本語に直訳すると、「検索エンジンマーケティング」となり、GoogleやYahoo!などの検索エンジンから、自社Webサイトへの訪問者を増やすマーケティング手法の事です。

インターネットで欲しい情報を調べるときに誰もが「検索エンジン」を利用します。

この「検索する」という行為は、ユーザが自らキーワードを入力し、能動的に情報を探す行為であるためコンバージョンに結びつきやすく、企業がインターネットにおけるマーケティングを考える上で、SEM(検索エンジンマーケティング)は必須の対策事項と言えます。

SEMの中には大きく分けて2つの方法があります。

1つは検索エンジンの検索結果画面上位に表示されやすいようにウェブサイトを調整するSEO(検索エンジン最適化)。

2つ目は有料の検索エンジン広告(アドワーズやオーバーチュアなど)を利用する方法です。

この2つの方法を使い分け、総合的に検索エンジンからのアクセスを増加させることをSEMと呼びます。

SEOは、あくまで検索エンジンに対しどう対応し、検索上位に表示をさせるかを行うのに対し、SEMは
「どんなキーワードで、いつ、どこから、どのページへ、どれくらいのページを見たか、また購買等のアクションは?」など、検索サイトからのアクセス者の分析を行い、「どのキーワードが効果が有ったか、費用対効果は、キャンペーンの成果は、適切なコピー文章だったか」といった分析と広告を計画します。

もともと、検索エンジンの検索結果ページから自社サイトを訪れる人はその分野に関心を持っている可能性が高いため、優良な見込み客であることが経験的にわかっていました。

この経験則を一歩進め、検索エンジンを広告媒体として積極的に活用するマーケティング活動がSEMです。

マーケティングの分野では、「検索エンジンで検索した結果からサイトへ辿り着く人は関心が高い」という経験則が知られており、SEOは、顧客心理を分析して購買へつなげるには最適な手法です。

そのため、インターネット上の広告宣伝方法としてROI(費用対効果)が最も高いと考えられています。

なお、SEMは、短期的には効果が出にくく、アクセスログを解析しながら適時分析・調整を行い、長期的、かつ、継続的に進めていく必要があります