お問い合わせ窓口

TOPWebマーケティング用語集 > 成果保証型広告

成果保証型広告

成果保証型広告成果保証型広告とは、インターネット広告の料金モデルの一つで、ユーザが広告をクリックし、広告主のウェブサイトで実際に商品を購入したり会員登録するなどした場合にのみ、広告を掲載している媒体運営者に報酬が支払われる方式のことです。

同義語としてアフィリエイト型広告、成功報酬型広告などがあげられます。

通常、売り上げの一部やあるいは特定の定められた金額が、媒体の運営者側に支払われる。これは一回当たりの報酬は高いが、報酬を得られる回数は少ないです。

クリックしただけでは成果として認められないで、報酬を受け取る件数は少ないが、アフィリエイト金額は大きめに設定してあります。

インターネット広告として有名なGoogle Ad WordsやYahooリスティングはクリック課金型なので、ユーザが広告をクリックしただけで、広告主はGoogleやYahooに広告費を支払う必要があります。

アフィリエイトであるGoogle Ad Senseもクリック保障型サービスなので、サイト内に設置した広告がクリックされただけで、そのアカウント管理者に報酬が支払われる仕組みになっています。

通常のアフィリエイトは成果報酬型がほとんどなので、早くアフィリエイト収入を手にしたいのであれば、Ad Senseを利用するのがいいかもしれません。ただ、Ad Senseは厳しい規約やプログラムポリシーがあり、ある程度のアクセス数を集めているサイトでないと収入を得ることが難しいかもしれません。

またこれはあらかじめ設定した成果が出るまでは、広告の掲載を続けるという契約形態が採用される場合が多いです。

成果保証型広告はクリック保証型広告と同様に、バナー広告のデザインが悪い場合や、商品やサービス自体に魅力がない場合、あるいは広告主側のシステムやサイトのデザインに問題があって成果が出ない場合など、本来は広告主側が負担すべきリスクをすべて媒体側が背負わされることになるため、よほど単価が高くない限り、媒体側にとっては不利な広告手法です。

このため成果保証型広告は、多くの場合アクセス数が比較的多くないサイトでのみ利用される傾向が強く、逆にアクセス数の多い大手ポータルサイトやニュースサイトでは、広告が表示された回数に応じて報酬が支払われる「インプレッション保証型広告」が利用されることが多いです。

しかし、広告主から見ると広告費を無駄にすることがないため「究極の広告モデル」ともいわれ、今後増えていくと予想されています。