お問い合わせ窓口

TOPWebマーケティング用語集 > アクセシビリティ

アクセシビリティ

アクセシビリティとは、「どれだけアクセスしやすいか」という意味であり、ネットワークサービスやソフトウェアの機能などが、どのくらい使いやすいかの度合いです。

ここで問題とされるのは有用性ではなく、サービスや機能に到達できるか、サービスや機能によって提示される情報を取得できるかとされています。

アクセシビリティは、高齢者や障害者なども含めたあらゆる人が、どのような環境(うるさい場所や、暗い場所、逆に明るい場所など)においても柔軟にWebサイトを利用できるように構築することを考慮する場合に使われます。

例えば、手や腕の障害のためにマウスを使えない場合、ソフトウェアはキーボードだけで利用可能である必要があります。

弱視や老眼の人にとってはフォントサイズや配色は容易にカスタマイズ可能でなくては見にくいです。

視覚障害の人は読み上げソフトを使うので、それに適したレイアウトや記述方法が求められます。

特に、Webページについての「利用のしやすさ」を「Webアクセシビリティ」といいます。

これについては「WCAG」(Web Content Accessibility Guidelines)という指針がW3Cによって提唱されています。

画像や音声などには代替テキストによる注釈をつける、すべての要素をキーボードで指定できるようにする、情報内容と構造、および表現を分離できるようにするなどの方針が定められています。

アクセシビリティという言葉自体はSEO用語というよりはIT全般の用語として用いられますが、あらゆる環境やユーザーに配慮されたWEBサイトであることは当然検索エンジンも評価の対象として利用します。

SEOとアクセシビリティは表裏一体です。

検索エンジンロボットはウェブサイトのテキストを拾い上げてデータベース化を行います。

このため、検索エンジンから見たウェブページは、読み上げソフトやテキストブラウザを使うユーザーから見たウェブページとよく似ています。

SEO対策は検索エンジンロボットにウェブサイトを重要だと思わせる手法ですから、検索エンジンロボットが読みやすいようにページを作成します。

そうすると、結果として読み上げソフトやテキストブラウザに対しても配慮する部分がでてきます。

ここで、アクセシビリティとSEOとの違いとして、「検索エンジン対策」に近いものとして多数のサイトで行われている、「検索エンジンスパム」が挙げられます。

検索エンジンスパムとは、検索エンジンで上位表示を狙うために、SEO対策で有効とされる手法を過度に行う行為です。

この「検索エンジンスパム」は、アクセシビリティを著しく低下させるもので、絶対にやってはいけない行為として知っておいて頂きたいと思います。