お問い合わせ窓口

TOPWebマーケティング用語集 > クリック保証型広告

クリック保証型広告

クリック保証型広告(Pay Per Click advertisement)とは、インターネット広告の課金方式の一つで、広告となる文章や画像などに広告主が提供するWebサイトへのリンクを設定しておき、リンクが一定回数クリックされるまで広告掲載を行う方式です。

その広告がクリックされると、クリック数に応じて広告料金をお支払いするサービスです。

クリック保証型広告の最大の特徴として、「クリックされて初めて料金が発生する」タイプの広告であるという点です。

契約期間中にクリック回数が予定数に満たない場合は掲載期間を延長します。

一定以上のクリック数が保証されるので、事前にクリック数を推測するのがむずかしい掲載期間による契約やページビュー保証型広告に比べて、広告主にとってはメリットのあるシステムです。

また成果に繋がった時にのみ広告費用を支払えばよいのですから、広告主にとっては無駄な広告費を払う必要がないのも最大の利用メリットといえます。

さらに、広告の露出回数に応じて課金を行う「インプレッション保証型広告」に比べて、費用対効果がより明快なのも特徴です。

個人サイトに配信を行う広告サービスはクリック保証型の料金体系を採用していることが多いです。

ただし、バナー広告のデザインが悪い場合や、そもそも広告内容の商品やサービスに魅力がない場合でも、媒体が一方的にリスクを負担しなくてはならないという問題点があります。

携帯サイトをお持ちの方ならどなたでもカンタンに広告を設置して広告収入を得る事が可能です。

1クリックから広告料が発生する為、アフィリエイト(成功報酬)型のサービスに比べると無駄なクリックが発生せず、効率的に広告収入を稼ぐことが可能になります。

アフィリエイターにとってクリック保証型広告の最大のメリットは、何と言っても報酬発生の容易さにあります。

有料商品が成約しないと報酬が発生しない通常のアフィリエイト広告とは違い、広告がクリックされるだけで報酬が発生しますから、ブログやホームページの空きスペースを利用して副収入、お小遣いを稼ぐにはもってこいのアフィリエイトプログラムなのです。

一度広告を設置してしまえば、その後は運営サイトにマッチした広告が勝手に表示されるので後々、面倒なメンテナンスも必要ないという点もメリットです。

なお、クリック保証型広告の収益は、PV(ページビュー)×CTR(クリック率)×CPC(クリック単価) になります。

つまり、クリック保証型広告で収益を高めるにはPV,CTR,CPCのいずれかを高めれば良いということです。

以下、それぞれを高める方法を説明していきます。

~ページビューを高める~
ページビューを最も簡単に高める方法は、他のサイトに無いコンテンツを作れば良いでしょう。

そうすることで、ライバルがいないためにリンクがどんどん貼られ、手っ取り早くページビューが集まります。

しかし、無いものを作るといっても、それが何かはなかなかわかりません。

それがわかったら誰も苦労しないので、一般的には次のような方法でページビューをあげていきます。

・検索エンジンで上位表示する。

・相互リンクをする。

・ソーシャルメディアで宣伝する。

・バイラルを起こす。

~クリック率を高める~
広告のクリック率を高める方法は、広告を見られる位置に置くということです。

しかし、ここで注意しなければならないのが、ユーザが嫌がる位置に広告を配置しないことです。

広告がユーザにとって嫌な位置にあるとクリック率は上がるかもしれませんが、リピーターの数は減ってしまいます。

一昔前はこの方法で稼いでいる人も多かったみたいですが、今は、広告が上位にあるとGoogle検索順位にペナルティが加えられるそうです。

確かかどうかわかりませんが、ユーザの嫌がることは避けるようにしましょう。

クリック保証型広告で稼ぐことを考えた場合、クリック単価の高いものを選ぶことが基本中の基本です。

例えば、月20万PVのサイトで、クリック率を高めに見積もって2%としましょう。ここで1クリック10円の広告だとすると、

20万×0.02×10 = 40000円

たった4万円にしかならないのです。月20万PVのサイトはなかなかの大きなサイトです。

しかし、単価が低いと大きなサイトでも40000円にしかならないのです。

ここで、200円の広告だとすると、クリック率が一般的な1%だとしても、

20万×0.01×200 = 400000円

40万という額は相当なものです。このようにクリック単価の高い広告を選ぶことは基本なのです。

クリック単価の高い広告とは、一般的には、収益率の高いとされている分野の広告が高いです。

キャッシングやクレジットカードといった金融関係の分野は勿論ですが、インターネット関係の分野も収益率が高いので広告単価が高くなります。

例えばサーバーなどです。後は、利益率はわかりませんがそもそもの取引金額の高い中古車の広告も単価が高いです。

広告単価は、Google Adwordsで見つけることができます。

ASPで報酬額が高いものは大体リンクしてクリック報酬も高いので、見つけてみましょう。