お問い合わせ窓口

TOPWebマーケティング用語集 > オーガニック検索

オーガニック検索

オーガニック検索とは、Google や Yahoo! などの検索エンジンでの検索結果のリストのうち、有料登録やスポンサー広告などの結果を含まない部分のことです。

オーガニック検索は、「自然検索」「ナチュラル検索」ともいいます。

一般的に、検索結果の画面(SERP)には、検索エンジンに広告料を支払って掲載されているリスティング広告や、ディレクトリなどに有料登録されたWebサイトのリストなどが含まれています。

このような利害関係のあるリストを除いた、Web上から集めてきたデータを独自のアルゴリズムで順位付けした本来の検索結果の部分のことをオーガニック検索といいます。

一方、検索連動型広告はペイドサーチ(有料検索)と言われます。

こちらはキーワードとの関連性だけでなく、支払われた広告料に応じて順位付けがなされます。

このように利害関係のあるペイドサーチと区別するためにオーガニック検索という言い方がされています。

(オーガニックとは化学肥料や農薬を使わない自然のままの農作物の栽培方法を指す言葉です)

通常は、スポンサーによるリンクとオーガニック検索の部分は明確に分離されて表示されますが、検索エンジンの中にはオーガニック検索の中に有料リンクを混在させて、両者が簡単には見分けられないような形で表示しているところもあります。

ユーザが関心のあるコンテンツや有益なコンテンツを作成すると同時に、適切なSEOを施すことでオーガニック検索での上位表示を狙います

オーガニック検索で上位表示されることでアクセスの増加が見込めます。

最近では、オーガニック検索の検索結果には、単なるページだけでなく、場所情報を含めて地図と一緒に表示する情報や、ビデオ、ニュース、画像、ミニブログのリアルタイム検索など、さまざまな情報が表示されるようになってきており、こういったオーガニック検索の表示のことを「ユニバーサル検索」と呼びます。