お問い合わせ窓口

TOPWebマーケティング用語集 > リンクファーム

リンクファーム

リンクファームとは、検索エンジンの検索結果で特定のWebページの表示順位を上げるというSEOを目的として不自然な相互リンクを大量に設置しているページ/サイト群、もしくはその状態のことです。

Goolgeなどの検索エンジンは、どれだけ多くの人がそのWebページに対してリンクを張っているかという事を、そのWebページの客観的な重要度として検索結果の表示順位の指標のひとつにしています。

『外部から受けているリンクの数と質』(リンクポピュラリティー)や、『リンク元ページ内が保有するテーマ及びアンカーテキストの文字列』(リンクレピュテーション)を基準としたウェブページの適合度評価とは、その評価算出方法を極めて客観的な要素に依存しています。

タイトルタグの変更やウェブサイトのレイアウト、コンテンツの文章といった、ウェブサイト管理者自身に100%変更・追加・削除の権限が与えられている要素とは異なり、ウェブサイト管理者自身では手を加えることができない要素 – 自分自身の意志では変更できない被リンクとは一筋縄ではいかないものです。

リンクを張ってもらうためには質の高いコンテンツを作成し、外部の人間を魅了しリンクを張るように促すようなサイトの質的な完成度を高める必要が生じてくるからです。

しかし実際に高品質なコンテンツを量的に充実させることは難しいものです。

これに目をつけ、自身の運営する複数のWebページ間、もしくは協力者が集団で運営しているWebページ間で大量にリンクを張り、人為的に指標を上げることで検索結果の表示順位を押し上げるというSEO行為が行われるようになりました。

リンクファームでは、大量のリンクを機械的に作成することが多いため、結果としてリンクが不自然で意味のないものになります。

また、複数のサイトに対して同様のリンクを設置するため、先ほども述べましたように不自然な相互リンクとなることが多いです。

この悪意を持った人間たちによって人為的に生成されたリンクコミュニティは「そのサイトのコンテンツが良かった」「自分のサイトと関連がある」「友達のサイト」といったような理由とは全く関係がなく、単に「サイトポピュラリティを上げるためだけに」リンクを張っているわけです。

このような無意味なリンクを貼ることは検索エンジンの精度を落としてしまい、結果として情報を求めているユーザに不利益な影響を与えてしまいます。

そのため、検索エンジン会社にリンクファームとみなされたサイトは、なんらかのペナルティが課されることがあります

例えばリンクファームを支えている全てのウェブページをインデックスから除去するなどです。

しかし、意味のあるリンクの仕方をしているサイトはリンクファームとは呼ばれません。

あと気を付けなければいけない事として、無料の自動プログラムで作られたリンク交換サイトがあります。

このサービスに加入してしまうとお互いのリンクを張り巡らせてリンクファームによるペナルティの原因になるので参加は絶対にしないようにしてください。