お問い合わせ窓口

TOPWebマーケティング用語集 > フラッシュマーケティング

フラッシュマーケティング

フラッシュマーケティングとは、時間や個数などの期間限定性をアピールして、割引価格などの特典が付いた商品を販売することで瞬間的に集客を最大化するマーケティング手法のことです。

フラッシュマーケティングの多くは、数十時間程度の短期間内に購入希望者を募り、あらかじめ設定された最低販売数を超えた場合にのみ、希望者に商品を販売する仕組みを取っています。

これは特にクーポンを販売する共同購入サービスを指すことが多く、クーポンはどれも5割引きかそれ以上であるなど、大幅な割引が行われる場合が多いです。

例えば「今日だけ半額に」、「先着10人には○○をプレゼント」、「24時間以内に購入希望者が100人集まれば、50%割引のクーポンを発行」といった特典を用意します。

いわゆるタイムセールと考えて良いでしょう。

フラッシュマーケティングの「フラッシュ」はフラッシュモブ(Flash mob)からきています。

フラッシュモブとは、インターネット、とりわけメールや掲示板、ツイッターを介して不特定多数の人間が公共の場に突如集合し、目的を達成すると即座に解散する行為のことをいいます。

また、「Flash(閃光)」のように瞬間的にユーザーに情報を伝達し、短い期間でクーポンを販売することからこの名がついたとも言われています。

これまでもケータイ会員の登録やメンバーへのメールマガジンによるタイムセールの告知は行なわれてきました。

TSUTAYAの割引クーポンなどはその代表例です。

ただこれらは事前の会員登録が必須だったため、TSUTAYAのような規模のビジネスでもなければ思うように会員数(=告知対象者)が伸びなかったのでしょう。

現在ではモバイル環境の充実とともに、TwitterやFacebookなどを始めとするウェブのリアルタイム化が進んだことによって、広範囲のユーザーに短時間での口コミ普及が可能になりました。

つまり事前の登録なしにセール情報を伝播できるようになったため、単店舗でもタイミングが合えば集客に成功するチャンスが生まれたのです。

この環境を生かすサービスの一つとして、フラッシュマーケティングが登場しました。

手間と時間をぎりぎりまで削減し、エンドユーザーと直結することで割引率を大きくとれるのがこのサービスの特徴です。

最低販売数が設定されており先着順で購入できるのはギャザリングと同様の形態ですが、販売されるのはクーポンで1日(または数日)の期限があります。

クーポンの販売期限が短いためユーザー同士の競争が発生し、アクセス数の増加を加速させます。

その上、割引率が高いので、未知のサービスに対する抵抗が払拭(ふっしょく)され、ユーザーの購買欲をそそるのです。

個々のクーポンが時間限定で販売されており、また購入数が一定に満たないと取引が成立しないのが特徴です。

このフラッシュマーケティングの最大の問題点はアンフェアな点でしょう。

もっともこれまでもチラシ持参や、「ぐるなび」のページを印刷してきて割引を受けることはあったので、それらと同じという考え方もあります。

ただし現時点ではツイッターなどを利用することが多いため、非常に限定的な人しかアクセスできないのは公平な機会の提供という観点からはやはり問題があります。

また出品される商品の性格上(その日の空席を埋めたい等)、割引率が大きいことが多いので通常の料金を支払って来店している他の客からすれば、不公平さを助長することに繋がります。

これもホテルや航空機のチケットの直前割引と同じだという意見もありますが、常連を無視していることには変わりありません。

結果としてFSP(フリークエント・ショッパーズ・プログラム)と対極にある考え方になってしまっています。

少しずつでもショップ独自の会員を集め、空席が出た場合は既存顧客向けに優待サービスを提供するほうが、店のブランドや信用を守ることに繋がると思われます。