お問い合わせ窓口 03-6212-2933 平日 9:30-19:00 担当:山口・長谷川

TOP > ランディングページ

ランディングページ

ランディングページとは、着陸・上陸(Landing)の意味で、企業などのWebサイトを構成する種々のWebページのうち、バナー広告や検索結果ページなどを経由してユーザーが最初に辿り着くページのことです。

すなわちWebサイトの訪問者が、外部からそのサイトにやってくる際、最初に開くことになるページのことです。

訪問者がWebサイトに滞在し、商品購入などWebサイトの運営側の収益となる取引を行うかどうかを左右する重要なWebページといえるでしょう

これは必ずしも自社サイトのトップページである必要はありません。

インターネット広告や、検索エンジンによる検索結果(SERP)など、複数の経路を辿ってWebサイトの中腹に最初にアクセスしてくる場合もあります。

トップページを含め、Webサイトに最初に到達したページはいずれもランディングページに該当します。

通常多くのホームページの入り口はトップページではなく、Yahoo! Googleなどの検索エンジンから訪れるトップページ以外のページがランディングページになる場合が多いです。

『Webサイトのページビュー(Webサイトの閲覧数)がなかなか伸びない。』

『アクセス解析をすると、せっかくサイトに来てくれた訪問客の大半がページを開いてすぐに帰ってしまっているようだ。』

このような問題を解決し、サイト内の滞在時間を伸ばしたり、最終目的であるコンバージョン を高める方法とされているのが「LPO (Landing Page Optimization)」です。

LPO とは、検索エンジンなどの外部サイトからの訪問者が最初に開くページ(LP)を最適化することです。

『最適化』とは、そのサイトの本来の目的であるコンバージョン率を高めるための対策のことを言います。

このLPO 対策で、「誰でも簡単にそのサイトを利用でき、ストレスを最小限に抑えられるようなサイト」を目指したいものです。

そしてその結果がサイトの成績(売上など)そのものになるというわけですなのです。

例えば、訪問者の目的とする情報までの経路が分かりにくいランディングページであった場合、おそらく訪問者はそのWebサイトをあきらめてしまうでしょう。

自分に必要な情報を見つけられるまで、探し続けるのが普通の考え方です。

このような離脱を防ぐためにもLPO対策 が必要となるのです。

訪問者を逃さないためにランディングページのリンクメニューや検索機能を充実させ、目的の情報へスムーズにたどり着けるようにするとことがLPO の代表的な手法とされています。

ほんの一例ですが、訪問した時刻や時期に合わせてランディングページに表示されるイメージ画像やメッセージを変化させる、といったLPO対策も効果的です。

このLPOにおいては正確な現状の分析・把握が必要となります。

ランディングページを改善し訪問者を惹きつけるためには、またコンバージョン率を上昇させるためには、どのようなLPO対策が必要なのかをしっかりと分析・把握することが何よりも一番大切になります。

良い点はより伸ばし、問題点は解決し伸ばしていくことがサイトを成功する近道であるということです。

では人気があるランディングページとはどのようなものでしょうか。

検索した結果のページに買うための情報を揃えることでそのページから直接目的につなげるページ、それこそが効果あるランディングページといえます。