お問い合わせ窓口

TOPWebマーケティング用語集 > アウトバウンドリンク

アウトバウンドリンク

アウトバウンドリンクとは、主にSEO(検索エンジン最適化)に関する用語で、自分のWebサイトから外部のWebサイトに向けて「出ていく」リンクのことをいいます。

このアウトバウンドリンクとは逆に、外部のWebサイトから自分のWebサイトに「入ってくる」リンクのことをインバウンドリンク(被リンク)といいます。

検索エンジンによっては、アウトバウンドリンクのリンク先がどのようなWebサイトであるか、アンカーテキストはリンク先を示す適切な内容であるか、などといった点を分析し、リンクジュースを配分するための評価指標に加味することがあると言われています。

アウトバウンドリンクの質や量がSEO上の検討事項とされる場合も少なくありません。

SEO対策で「リンク」と言えばどうしても「外部サイトから自社サイトへのリンク」、つまりインバウンドリンクのことばかりが意識されがちですが、リンクというのは「出入り」が同時に発生するものであり、先ほども述べたようにアウトバウンドリンクももちろん検索エンジンの評価の対象になるのです。

ですから、特に相互リンクなどを積極的に行っているWebサイトの場合、アウトバウンドリンクの向ける先のWebページの品質にはある程度注意を払う必要が出てきます。

例えば、相互リンク先が大した中身のないリンク集のようなサイトばかりであるなどといった場合には、「ユーザーの役に立たないようなWebサイトばかりを紹介している」という評価になりますし、コンピュータウィルスに感染させるために存在するような悪質なWebサイトに向けてリンクを設定した場合には、明らかに検索エンジンのガイドラインに抵触する行為となりますのでペナルティを課せられる可能性もあります。

リンクでペナルティと言えばやはり「過剰な被リンクSEOによるペナルティ」を想起される方が多いと思いますが、受けるリンクはサイト運営者の制御の及ばない範囲ですし、仮にそんなに簡単にペナルティを与えてしまっては裏を返せば簡単に他のサイトの順位を落とせるということにもつながり悪用されてしまう恐れもありますので、少し慎重な判断をせざるをえません。

しかし、それに対してアウトバウンドリンクの場合には(通常は)サイト運営者側の一存でリンク先ページが決定されるものですので、そのリンク先があまりに悪質であるとか低品質である場合には、サイト運営者に何かしらのペナルティが与えられるのは自然な理屈なのです。

検索エンジンに評価されるアウトバウンドエンジンとは、ユーザーの役に立つ、特に「そのコンテンツを閲覧したユーザーにとって役に立つ情報である」というものです。

なので、むやみやたらにリンクを結ぶのではなく、結んだリンク先とのコンテンツの関連性、及びユーザーにより良いコンテンツを提示するといったことを意識しながらアウトバウンドリンクを活用することで、結果としてSEO対策も効果的となってきます。