お問い合わせ窓口

TOPWebマーケティング用語集 > メールマーケティング

メールマーケティング

メールマーケティングとはマーケティング手法の一種で、Eメールを使用して、サービス・商品の顧客や予備顧客に有用な情報を配信し、サービス・商品の購買につなげようとする手法のことです。

これはEメールマーケティングとも呼ばれます。

顧客に対して直接広告メールを送る方法と、メールマガジンなどに数行の広告を掲載する方法があります。

具体的にはメールマーケティングでは、サービスや商品の購買手続き時点で、購買以降の情報メール配信の可否をとったり、興味のある人がメール配信を希望できるような窓口を設けたりすることで、送信宛先の電子メールアドレスのリストが作成されています。

このようにしてメールマガジンを登録したユーザを見込み顧客として囲い込み、製品やサービスの情報を継続的にメールで発信したり、顧客満足度をあげるために商品購入後のフォローメールを送るなど、能動的にコミュニケーションを図れる効果的なマーケティング手法です。

これはコストが安価なため、費用対効果に優れているといわれています。

また、顧客・予備顧客全員に同じ内容の電子メールを送信するのではなく、顧客ごとに適した内容の電子メールを送信することが出来るメールマーケティング用のツールなどを用いて、より確度の高いマーケティングを行おうとする試みもあります。

一般的な、広告、販促、商品紹介などのイメージが強いかもしれませんが、顧客との関係構築、企業ブランドの浸透、慈善活動のための募金活動など、様々な用途にてメールマーケティングは利用されています。

ではこのメールマーケティングでは何が重要でしょうか。

多くのマーケティング担当者が、一人ひとりお客様にダイレクトメールを送ったり、メールマガジンを配信したり、One to Oneのコミュニケーションを行ってこられたでしょう。

「膨大な顧客データに大量にメールを配信しても反応がない。読まれることもなく削除されているようだ。」

そんな経験もされていることでしょう。

相手が今、何を望んでいるかを把握しないまま一方的に送ってもコミュニケーションは成り立たないのです。

もっと、情報を必要としている人の、必要としているときに精度高くアプローチしていく事が必要となります。

すなわち、お客様の今をもっと把握できる分析手法をつくるか、分析対象となる顧客データの量を増やすことが必要になってきます。

また、顧客を飽きさせず、商品購買欲求を高め、常にインパクトを与え続け、不快感を与えないための文面を作成するテクニックが要求されるなど、メールマーケティングを効率的に利用するには高度のノウハウが必要です。