お問い合わせ窓口

eCPM

eCPM(effective Cost Per Mill)とは、広告1000回表示またはアクセス1000ページビューあたりの収益額の事を言います。

広告掲載サイト側での収益率の測定に用いられます。

これは有効インプレッション単価、RPM(Revenue per Mille)と同義です。

CPMはもともとインプレッション保証型広告における1000回表示あたりの単価を表す単位ですが、クリック保証型広告や成果保証型広告の収益を広告の表示回数で割ってCPMに換算することによって、課金方式の違いによらず、アクセス数に対してどれだけの収益があるのかを同じ指標で判断できる材料となります

インターネット広告の代表であるクリック保証型広告と成果保証型広告は、前者は、広告1クリック当りの課金、後者は、購入等の成果があった場合のみ課金と、課金方式が異なります。

しかし、収益額を広告の表示回数で割って有効CPMを算出すれば、このような場合でも先ほど述べましたように、課金方式の如何に関わらず、広告の表示数に対してどれだけの収益があるのかを同じ指標で判断できることになるのです。

eCPMを求める計算式は。

eCPM(RPM)=(推定収益額/ページビュー数)×1,000

となります。

例えばeCPMが1000円の場合、1,000回表示されると1000円収益が上がることを意味しており、

これでサイトが月間100万PVの場合100万÷1,000×1000=100万円が月間で上がる収益となります。