お問い合わせ窓口

TOPWebマーケティング用語集 > スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

スポンサードサーチとは、Yahoo! 社傘下のOverture(オーバーチュア)社が提供している、検索キーワードに連動して表示されるリスティング広告サービスのことです。

スポンサードサーチはGoogle社のAdWords(アドワーズ)広告とほぼ同様のサービスですが、大きな違いとしては、入札単価がAdWords広告のように変動せず、指定した入札価格に基づいて表示順位が決定されるところにあります。

また、事前審査が入るため申請から出稿まで5営業日程度が必要となります。

その他にも、クリック単価の最低入札価格が、ビッグキーワードの場合35円から、そうでない場合は9円からと、AdWords広告よりやや高くなります。

スポンサーサイトとは、Yahoo! に(正確にはYahoo! の子会社のオーバーチュア社に)申し込みをして、ある一定の検索キーワードに対してトップに表示させるようにしてクリックされたらいくらYahoo! に払う、という形で1クリック毎にお金を支払うかたちの広告です。

特徴としては、

1.     見込み客にダイレクトに訴求することです。検索されたキーワードに連動した広告を表示するので、探している人にアピールすることができます。
2.     前払い広告料金3,000円からはじめることができます。この料金は、広告掲載開始後のクリック料金として充当されます。
3.     料金はクリックされた分だけにかかるので、広告が表示されただけでは料金はかかりません。
4.     広告掲載期間を自分でコントロールができるので、24時間いつでも掲載を停止、再開でき、予算を無駄なく活用できます。
5.     サポート体制も整っており、わからないことや困った場合に無料で相談できるお客様サポートセンター利用することができます。
6.パソコンだけではなく、携帯電話、スマートフォンサイトにも広告掲載が可能です。

スポンサードサーチには、「プレシジョンマッチ」と「コンテンツマッチ」があります。

いずれも、テキスト広告がクリックされた場合にのみ課金される、クリック課金型の広告です。

日本では2004年6月からYahoo! JAPANのスポンサーサイトで全面的に採用されました。

同時にこのサービスは一般的にリスティング広告やキーワード広告などとも呼ばれています

コスト削減のためにPPCではなくSEO対策を利用する企業も多いのですが、SEOは成果が出るまでに時間がかかるので、なるべく早く成果を求めるのであれば、PPCを利用した方が良いでしょう。

SEMというのはSEOを含めた検索エンジンマーケティングの事で、当然PPCも含まれています。

SEM=広告と思っている人も多いと思いますが、間違いなので注意したいところです。

ただ、SEO対策にしても間違っていると知っていながら使う事もあります。

PPCよりもSEMの方が一般的で、その言葉を使わない事による機会損失を考えると使っておいた方がいいでしょう。