お問い合わせ窓口

スクリプト

スクリプトとは、コンピュータが理解できる言語への変換作業を省略して、簡単に解釈実行できるようにした簡易プログラムのことです。

通常、プログラムはソースコードを人間が普通に読み書きできる言語から、コンピュータが理解できる機械語に変換(翻訳)して実行されますが、スクリプトのような簡易プログラムでは、それら一連のプロセスを自動化し、インタプリタという同時翻訳をする機能を使って、機械語に変換しながら実行されます。

スクリプトは他の言語に比べ習得が容易で、プログラムを簡易にすばやく作成することができる一方、実行できる機能は限られるため、小規模なプログラムの作成に主に用いられます

UNIXではスクリプトファイルに記述された処理手順を自動実行できます。

インターネットのWebページで使われるJavaScriptやVBScriptなどはスクリプトを実行するための言語であり、これらはスクリプト言語と呼ばれます。

スクリプトの多くはインタプリタ方式を採用しています。

アプリケーションソフトのマクロ機能における処理の記述もスクリプトと呼ぶ場合が多いです。

またスクリプトは、特にWebページ上で使用される簡易的なプログラミング言語全般を指すことがあり、その場合の主なスクリプト言語には、JavaScriptや、Perl、PHPなどが含まれます