お問い合わせ窓口

Webサーバー

Webサーバーとは、インターネットで公開されているWebサイトなどで、コンテンツが蓄積されているコンピュータ、また、WWWによる情報送信機能を持ったソフトウェアのことのことをいいます。

これは「WWW(World Wide Web)サーバー」や「HTTPサーバー」、「Webサーバーソフト」、「サーバーソフト」とも呼びます。

ただし、サーバーソフトにはメールサーバーを構築するメールサーバーソフトや、DLNAサーバーソフト、あるいはFAXサーバーソフトなども該当します。

単にWebサーバーと言った場合、Webサーバーの機能を実現するためのソフトウェア(サーバーソフトウェア)を指す場合もありますが、サーバーソフトウェアがインストールされてWebサーバーとして稼動しているハードウェア(サーバーコンピュータ)を指す場合もあります。

なお、個人向けの一般的なPCでも、Webサーバーソフトをインストールすれば、Webサーバーとして機能させることはできます。

Webサーバーは、インターネットなどのネットワークを通じて、Webブラウザなどのクライアントソフトウェアからのリクエストに応じてHTMLファイルや画像ファイルなどを送信する機能を持ちます

Webサイトを構築するためにはWebサーバーの機能が必須となります。

初期のWebサーバーは、あらかじめ用意しておいたファイルを送出する機能しか持ちませんでしたが、最近では機能が増え、要求に応じてプログラムを実行し、結果をクライアントに送信する動的ページ生成の機能や、データベースと連携したトランザクション処理機能などを持つものも登場しています。

その中でもCGIやSSIなどの拡張機能は歴史が古く、最も一般的に利用されています。

Java言語を利用したJavaサーブレットやJSP、Microsoft社独自の技術であるASPなどを利用したWebサイトも増えています。

Webサーバーソフトウェアで最も人気があるのは、全世界のボランティアプログラマが共同開発しているフリーソフトウェアのApacheで、インターネット上のWebサーバーの過半を占めるといわれています。

企業内のイントラネットではMicrosoft社のIISの人気が高いです。

これらのサーバーソフトウェアをインストールすれば、一般的なPCをWebサーバーとして機能させることも可能となります。

ただし、Webサーバーはその基本的機能として、常時稼動しており高い安定性や保守性を維持していることが要求されます。

そのため、商用のWebサイトの運用などに際しては、もっぱらサーバー専用に設計されたサーバーコンピュータが用いられています。

今日、一般のユーザが自分のWebサイトを開設することは珍しいことではありませんが、この場合、レンタルサーバー(ホスティングサービス)を利用し、Webサーバーの管理自体は専門業者に任せる形式をとる場合が多いのです。

これによってシステムの拡張性は乏しくなるが、サイト運営者はメンテナンスに気をとらわれず、Webサイトのコンテンツの管理に専念することが可能となります。