お問い合わせ窓口

SEOスパム

SEOスパムとは、不当な方法を用いて検索エンジンの上位に表示させようとする行為、またはそれを行ったWebサイトのことです。

これは検索エンジンスパムともいいます。

検索結果の整合性を乱すことになり、検索エンジンの利用者は本来探している情報へたどり着くことが困難になってしまいます。

ディレクトリ型検索エンジンの場合は、人の手によって登録されているので問題は少ないのですが、ロボット型検索エンジンはロボットが独自の判断で行っているため検索エンジンスパムにかかりやすいのです。

SEOスパムには、検索する利用者を他のページに転送するためのリダイレクトページや、利用者が見えないテキストを埋め込んで検索にヒットさせる隠しテキストページ、クローキング、リンクファームなど様々なものが存在します。

実のところSEO対策自体、SEOスパムとの境目があやしい行為なのです。

なぜなら検索エンジンのクセを見抜いて、サイトに手を加えて検索上位表示をねらうテクニックだからです。

過剰なSEO対策はSEOスパムとみなされ、検索結果から除外されてしまいます。

そのため、サイトにSEO対策を施すときは、やってはいけない境界線をきちんと知っておくことが重要となります。

・大見出しの<h1>タグは1ページに1回しか使ってはいけません。
<h1>タグはページのタイトルを表示させるために使うタグなので、通常、1つのページに1回しか使われません。
しかし、「タイトルに使われるキーワードは重要なキーワード」と判断する検索エンジン対策のために、<h1>タグを何度も使っているサイトが存在します。
これはSEOスパムだと判断されます。ホームページビルダーなどを使ってサイトを作っていると、知らない間に<h1>タグを複数使ってしまっているケースもあるので注意が必要です。

・強調の<strong>タグを並べてはいけません。
「強調されているキーワードは重要なキーワード」と判断する検索エンジン対策のため、強調の<strong>タグを多用しすぎているサイトが存在します。
htmlのコードを見て、「<strong>キー</strong><strong>ワード</strong>」のように<strong>タグが並んでくっついてしまっているとSEOスパムだと判断されます。
これも、ホームページビルダーなどを使ってサイトを作っていると、知らない間にできてしまっているケースがあるので注意しましょう。

・無意味なキーワードの羅列はしてはいけません。
昔はよくありましたが、例えばサイトに関係のない人気アイドルの名前などを羅列し、ユーザを誘導しているサイトが存在しました。
アダルトサイトなんかでよく使われていた手法です。
文字の色を背景の色と同じにして、ユーザには見えない形でキーワードを羅列するテクニックもあるほどです。
しかしこれらの、文章として不自然なキーワードの羅列はSEOスパムだと判断されます。
ねらったキーワードを意識して使っていくことはSEO対策として重要ですが、不自然な羅列はしてはいけません。

・トラックバックスパム
ブログの「トラックバック」という機能は、第三者のブログに、自分のブログへの被リンクを貼り付ける機能です。
検索エンジンは被リンクの数を大きく評価します。
このトラックバック機能のおかげで、ブログはSEOに強いという噂が流れました。
しかし、トラックバックがSEOに強いといわれたのは昔の話なのです。
トラックバックを使ったスパムが増えたため、トラックバックによる被リンクはほとんど評価されなくなりました。
意味もなくトラックバックを貼りまくる行為はwebを荒らす行為となります。

・ブログ大量生産
無料ブログを使って、数ページしかないサイトを大量につくり、すべてのブログから1つのブログにリンクを貼って被リンクの数を稼ぐというSEO対策があります。
確かに今でもSEOとしての効果はあると思われます。しかし絶対にやめましょう。
web上にゴミサイトが増えてしまうだけです。手間がかかるほどの効果はありません。
そこに手間をかけるより、きちんとしたブログを作ることに時間をかけた方が効果があります。

例をいくつかあげてきましたが、他にもSEOスパムは数多く存在します。

5年ほど前ならSEOスパムも効果がありましたが、検索エンジン開発者も改良を重ねて、悪質なSEOスパムをしているサイトは検索結果から除外されるようになっています。

悪質な検索エンジン スパム行為が発覚した場合、そのような行為を行ったページはロボット型検索エンジンからペナルティを課されることがあります。

各検索エンジンは、それぞれの独自の基準に則ってスパムサイトを自動的に判別し、該当するサイトにペナルティを課します。

スパムに対するペナルティとは、具体的には以下のようなものがあります

・検索結果からの除外
それほど悪質なスパム行為でない場合の措置で、単に検索結果リストの上位に表示されなくなります。
最下位付近まで表示順位を落とすこともあれば、緩やかに表示順位を下げることもあります。

・データベースからの削除
悪質なスパム行為を行った場合、次回のクロール時からクロール対象リストから除外され、データベースから完全に削除されます。
ページやディレクトリ単位の場合もあれば、ドメインごと削除される場合もあります。

ただし現状では、明らかにスパムとして判定されペナルティを受けている、というケースは非常に稀なものになっています。

これは一部の例外を除いてスパム行為による上位表示は不可能になりつつあるということであります