お問い合わせ窓口

TOPWebマーケティング用語集 > 検索エンジン

検索エンジン

検索エンジンとは、狭義にはインターネットに存在する情報(ウェブページ、ウェブサイト、画像ファイル、ネットニュースなど)を検索する機能およびそのプログラムのことです。

これはまたサーチエンジンとも呼ばれます。

検索エンジンは、検索窓と呼ばれるボックスにキーワードを入力して検索をかけるものです。

検索エンジンは、主にクローラ(検索ロボット)と呼ばれるプログラムを用いてWeb上のリンクを辿り、Web上の情報を収集・蓄積しています。

収集した情報は検索アルゴリズムによって解析され、任意のキーワードに対して最も適切な情報を最初に提供できるように、表示順の序列づけが行われます。

クローラや検索アルゴリズムは検索エンジンごとに異なり、品質に関する評価やユーザの好みが分かれる主な要因となっています。

Webサイトへアクセスする手段としては、URLを直接入力したり、他のWebサイトのリンク集を辿ったりする方法もあります。

しかし検索エンジンを利用すれば、Web上の膨大な数のWebサイトを対象として、任意のキーワードを手掛かりに、候補としてより適切な情報を提示させることができます

検索エンジンはページに掲載する企業の広告料金で運営されるため、利用するために料金を払う必要はありません。

インターネットの普及初期には、検索としての機能のみを提供していたウェブサイトそのものを検索エンジンと呼びましたが、現在では様々なサービスが加わったポータルサイト化が進んだため、検索をサービスの一つとして提供するウェブサイトを単に検索サイトと呼ぶことはなくなっています。

広義には、インターネットに限定せず情報を検索するシステム全般を含みます

検索エンジンは、WWWなどで公開されている情報の全文を貯えておき、キーワードによって検索する全文検索型と、カテゴリ別に分類されているディレクトリ型の2種類に大別できます。

最近では全文検索型でもディレクトリ型の情報提供をしているところが増え、またディレクトリ型のサーチエンジンにも検索機能が搭載されるようになってきました。

狭義の検索エンジンは、ディレクトリ型検索エンジンの他にロボット型検索エンジン、メタ検索エンジンなどに分類される。

広義の検索エンジンとしては、先ほど述べた全文検索型エンジンが分類されます。

検索エンジンは、ポータルサイトなどにおいて機能の一部として提供される場合と、単独の検索サイトで提供される場合があります。

Yahoo!の検索システムであるYSTは、ポータルサイトとしてのYahoo!における独自のサービスとして提供されています。

また、Googleは、検索サイト「Google.com」上で単独で提供されている他、AOLや日本のlivedoorといった他のポータルサイトへも機能提供が行われています。

代表的な検索エンジンの種類として、先ほど述べたGoogleやYahoo!(YST)の他に、百度、Live Search、AltaVista、Ask Jeeves(Teoma)、ブログ検索に特化したTechnorati、商品検索に特化したBecomeなどがあります。

また、米国の「Mahalo」のように、フォークソノミーによりディレクトリ型検索エンジンに近いシステムを構築するサービスも新たに登場しています。

特に日本ではGoogle, Yahoo! JAPAN, MSNが三大検索エンジンと呼ばれています。