お問い合わせ窓口

SEO

SEO(Search Engine Optimization)とは、ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えるということ、もしくはその技術やサービスのことです。

SEOは、検索エンジン最適化やサーチエンジン最適化ともいいます。

検索エンジンとはヤフーやグーグルなどインターネットで公開されている情報をキーワードなどで探すWebサイトの事です。

最適化するとは、言い換えると、検索エンジンにとって分かり易いホームページにして、検索エンジンでの露出を増やすことと言えます。

これとは別に、検索エンジンに直接広告出稿して自社Webサイトへの訪問者数を増やすマーケティング手法として、サーチエンジンマーケティング(SEM)があり、SEO・SEMマーケティングとして一括りで取り扱われることもあります。

サーチエンジンは登録されているWebページをキーワードに応じて表示しますが、その際の表示順位はそれぞれのサーチエンジンが独自の方式に則って決定しています。

この順位が上にある方が検索エンジン利用者の目につきやすく、訪問者も増えるため、企業などでは検索順位を上げるために様々な試みを行う場合があります。

その様々な技術や手法を総称してSEOといいます。

検索エンジンでは、どのような手法で検索結果の順位を決めているか公表していません。

従ってSEOを手掛ける事業者では、検索キーワードをどのようにページの中に埋め込むか、あるいはどんなキーワードを選択するかなど、独自のノウハウを駆使しながら検索順位の向上を図っています。

SEOの目的は、このように”上位表示”であるとの考えが多いですが、実はこれは実はSEOの一部の要素を表現しているに過ぎません。

SEO(検索エンジン最適化)の目的は、検索エンジンからアクセスアップを図ることです。

したがって 上位表示は、”集客増を図る”という目的の一手段に過ぎないのです。

もちろんターゲットキーワードの検索順位の上位になれば、インターネットを利用する一般ユーザの目に止まる率も増え、アクセスアップにつながりやすくなります。

しかし、それだけでは、アクセスアップ効果が限られます。

SEOの要点として、次の3つがあげられます

・ホームページそのものが 登録され易くすること
・キーワードが上位表示され易くすること
・多くのキーワードが表示され易くすること

具体的なSEOの手法には、ターゲットにするキーワードの適切な選択や、ページ内でのキーワードの適切な使用、より多くのサイトにリンクしてもらうなどの手段がありますが、サーチエンジンのランク付けのアルゴリズムは年々高度化が進む上、頻繁に変更が行われその度に激しく順位が変動します。

このためSEOには王道は無く、地道にコンテンツを充実させて認知を広げていく以外に着実な手段は存在しないと言えます。

SEO 業者を利用するかどうかは、サイトの改善や時間の節約につながる可能性がある一方で、サイトや運営者の信用が損なわれるおそれもある重大な決定となります。

SEO 業者を利用するメリットと、無責任な SEO 業者によってサイトが被害を受ける可能性について必ず検討してください。

多くの SEO 業者や代理店、コンサルタントでは、ウェブサイトの管理者向けに次のような便利なサービスを提供しています

・サイトのコンテンツや構成の見直し
・ホスティング、リダイレクト、エラー ページ、JavaScript の使用など、ウェブサイトの開発に関する技術的なアドバイス
・コンテンツの開発
・オンライン ビジネス促進キャンペーンの管理
・キーワードに関する調査
・SEO のトレーニング