お問い合わせ窓口

CSS

CSSとはCascading Style Sheetsの略であり、スタイルシートの一種で、HTML文書やXML文書の表示方法を指定するためのものとしてW3Cから勧告された仕様のことです。

最初登場したときは「CSS level1」でしたが現在はバージョンが「CSS level2」となっています。

CSSはWebページのレイアウト指定に標準的に用いられています。

単に「スタイルシート」といった場合にCSSのことを指す場合が多いです。

HTMLが文書の意味や構造を定義するものなら、スタイルシートは「Webページのデザインやレイアウトを定義するもの」といえます。

これまで、WebページのレイアウトはHTMLを用いて記述され、HTMLにはレイアウトに関する仕様が大量に取り込まれましたが、これは、文書の論理構造を記述するという本来のHTMLの目的に反するため、文書の視覚的構造を規定する枠組みとしてCSSが新たに策定されました。

したがってCSSの目的はデザインやレイアウトを定義することなので、HTMLでは不足しているデザイン・装飾の能力に優れています

また現在のCSS level2(1998年5月勧告)では印刷や音声といったデザイン以外の部分の定義までも可能にしています。

CSSでは、文字の色や大きさ、背景色、ボックスの描画、といった、文書の装飾やレイアウト全般に関する指定ができます。

文書内でCSSの指定を反映させたい箇所に、セレクタ(選択子)と呼ばれる識別子を与えておくことによって、指定された箇所のみに対象を限定しつつ、また同一のセレクタが与えられた箇所は一括して、表示を変更することができます。

これによりユーザが複数のレイアウトから適当なものを選択することができるようになりました。

HTML仕様はバージョンアップを繰り返す中で、視覚的表現も行えるようになるなど機能的にも盛りだくさんになりました。

またCSSはHTML文書内に記述するだけでなく、外部ファイルとして読み込むことも出来ますので複数のWebページのデザインを1つのCSSファイルで一元管理するといったことも可能です。

~CSSを使用するメリット~

①HTML文書の構造が把握しやすくなります。
②HTML文書を記述する際、デザイン(見栄え)に関するデータを、全てのページに記述する必要がなくなります。
③デザイン(見栄え)を統一することができます。
④デザイン(見栄え)を変更したい際は、スタイルシートを書き換えるだけで、複数のページにあらかじめ指定して
あった対象にのみ変更内容を適用させる事ができます。(デザイン(見栄え)の変更が簡単に行えます)
⑤IE独自のフィルターを手軽に使うことができます。

~CSSの指定方法~

CSSの指定を反映させたい箇所に、セレクタ(識別子)を与え、その指定された箇所のみを対象に、一括して表示を変更 します。

具体的には、スタイルシートを設定する対象にタグを指定し、そのタグに対して、スタイルシートで定義されている設定(属性)を指定します。

※ CSSを用いると、HTMLやXMLといったマークアップ言語のタグ毎にスタイルを指定することが可能になります。

最近では、ブログのレイアウトやデザインにCSSが活用されたことで、より多くの人がスタイルシートに触れる機会を持つようになりました。

なお、CSS以外にも「XSL」、「DSSSL」などのスタイルシート技術が存在します。