お問い合わせ窓口

DHTML

DHTMLとは、【Dynamic Hyper Text Markup Language】の略であり、マークアップ言語のHTMLの拡張仕様で、Webページに動的でインタラクティブな表現を追加するためのHTML仕様のことです。

HTML文書の中にJavaScriptやVBScriptでスクリプトを埋め込むことにより、プラグインやActiveXコントロール、Javaアプレットなどの、容量が大きく処理が重い技術を使うことなく、動きがあって対話性を持ったWebページを作成することができます。

このように基本的に変化のない(静的な)構造のWebページに動きを与えることが可能となります。

例えばレイヤーによって重ねた文字やロゴマークを動かしたり、マウスを画像に重ねると絵柄が変化するようにしたり、背景色を変化させたりといった、インタラクティブな効果を加えることができます。

DHTMLはHTML4.0とCSS、JavaScript や VBScriptなどのスクリプト言語を中心として構成されており、HTML文書はDOM(Document Object Model)と呼ばれる一種のオブジェクトとして、クライアント(Webブラウザ)側で処理されるようになっています。

このため、ActiveXコントロール、Javaアプレットといったインストールが面倒で容量が大きく、処理も比較的重い技術を使用しなくても動的ページを作成できるというメリットがあります。

DHTMLはもともと、1997年にMicrosoft社とNetscape社が動的要素を表現可能なHTML技術としてそれぞれ独自にHTMLを拡張し、自社のブラウザ(Netscape Communicator4.0、Internet Explorer4.0)に組み込んだのが始まりとなっています。

DHTMLはコンセプト自体は素晴らしいものであったが初期のころにはブラウザそれぞれに実装されたためブラウザ毎にスクリプトを書かなければならなかった煩雑さや、すべてのタグを柔軟に操ることが出来ないなどがありました。

したがって、広く使われ出したのはAJAXなどの関連技術が普及した最近からです。

また現在では標準化やクロスブラウザなどある程度の互換性を確保する方向とタグを柔軟に扱えるDOMに従ってwebページを制御するようになっています。