お問い合わせ窓口

HTML

HTMLとは、Hyper Text Markup Languageの頭文字をとったものであり、この名前を少し丁寧に解釈すれば、「ハイパーテキストのための、文書に目印を付ける方法を定めた文法上の約束」ということになります。

すなわち、HTMLとはウェブページを作成するために開発された言語です。

ここで、ハイパーテキスト(Hyper Text)とは、ハイパーリンクを埋め込むことができる高機能なテキストのことです。

ハイパーリンクというのは、ウェブページで下線の付いたテキストなどをクリックすると別ページへ移動する、あのリンクのことです。

現在、インターネット上で公開されているウェブページのほとんどは、HTMLで作成されています。

HTMLは1992年にスイスのCERNで開発され、その後、Web技術の標準化団体であるW3Cが規格化しました。

ワープロや表計算などのアプリケーションソフトでは、作成した文書などをHTML形式に変換する機能を備えたものもあります。

W3Cによって標準化が行われており、大半のWebブラウザは標準でHTML文書の解釈・表示が行えます。

汎用的なマークアップ言語であるXMLに準拠するよう一部の使用を改めたXHTML規格も定められています。

ハイパーテキストでは、ウェブページから別のウェブページにリンクをはったり、 ウェブページ内に画像・動画・音声などのデータファイルをリンクで埋め込むことができます。

HTMLには、このハイパーリンク機能で関連する情報同士を結びつけて、情報を整理するという特徴があります。

HTMLでは、文書の一部を“<”と“>”で挟まれた「タグ」と呼ばれる特別な文字列で囲うことにより、文章の構造や修飾についての情報を文書に埋め込んで記述することができます。

文章の中で表題や段落の区切りを指定したり、箇条書きの項目を列挙したり、文書の一部として画像や音声、動画を埋め込んだり、他の文書へのハイパーリンクを設定したりすることができます

マークアップによって指定できる個々の単位は、「要素」と呼ばれます。

各要素の内容は、DTD(Document Type Definition)と呼ばれる定義用文書によって定義されています。

また、各要素の開始タグは、「属性」と呼ばれるそのタグ固有の特性を同時に持つことができます。

世界中のHTML文書がリンクによって連携することで、さまざまな情報を一般に公開する適切な手段となり、World Wide Webの世界が実現されています。

ちなみに、Webが登場する以前は、情報交換の手段としては、電子メールによるデータの送信やFTPを用いたファイルのダウンロードなどが登場していました。

いずれにしても、宛先を特定して個別にデータにアクセスする方式です。

HTMLは元々SGMLの簡易版として生まれ、主に文章の論理構造を記述する言語でしたが、Webの普及が進むにつれて文書の見栄えに関する仕様が追加されていきました。

その後、見栄えを記述する専用の言語としてCSS(Cascading Style Sheet)が考案され、現在ではなるべく構造の記述をHTMLに、見栄えの記述をCSSに分離すべきとされています。