お問い合わせ窓口

W3C

W3CとはWorld Wide Web Consortiumの略であり、World Wide Webで使用される各種技術の世界的標準化を推進する為に設立された標準化団体、非営利団体です。

WWWが普及していくうちにさまざまな独自技術がうまれ混迷をきたした為、規格を取りまとめるために誕生しました。

通常、W3Cによってまとめられた技術的な仕様は「W3C勧告(W3C Recommendation, REC)」と呼ばれます。

これに準拠したWebページを制作することによって、SEO対策やアクセシビリティの向上につながるとされています。

アイデアレベルの(ノート)と呼ばれるものから、「正式勧告」と呼ばれるものまで各レベルの決定がありますが、勧告に拘束力はありません。

HTML、XHTML、XML、Math ML、DOM等の規格である”Web標準”を勧告し、標準化しました。

W3Cが定めるW3C標準とは、いわばWeb制作における世界的なルール(基準)です。

標準規約の策定は、様々な企業・業界の利害関係が絡む為、第三者機関が、公平に決定できるようになっています。

アクセシビリティやメンテナンスのしやすさ、互換性、汎用性などの面から考えても、W3C標準に従って統一の基準でWeb制作を行うことが推奨されています。

W3Cは1994年10月に発足し、現在はマサチューセッツ工科大学計算機科学研究所(MIT/LCS)、慶應義塾大学、欧州情報処理数学研究コンソーシアム(ERCIM)がホスト機関として共同運営しています。

世界各国のベンダー、プロバイダ、研究機関、政府など、約450の組織が会員として活動に参加しています。

ご存知のようにインターネットのホームページを制作するには多くのタグを使用します。リンクを設置する<a>というタグや、段落を構成するための<p>など、多くのタグがあります。

これらの基本的なタグは各ブラウザ共通で認識しますが、中には特定のブラウザでしか使えないタグがあります。

これらのタグを用いると、特定のブラウザでは特殊効果を見ることが出来ますが、他のブラウザでは無視されてしまいます。

制作者は一体どのブラウザに合わせて制作すれば良いのか、悩んでしまいます。

こうしたことを防ぐために、使用するタグを標準化するためにW3Cは設立されました。

その後、検索エンジンの役割が大きくなるにつれて、ホームページそのものがインターネットという場所に設置されたデータベースの一部であるという認識に変わると、ホームページの記述だけでなく構造や構成などにも標準化の必要性が生じます

W3Cはこうした部分についての標準化にも役割を果たしています。

HTMLがXHTMLに取って代わり、そして再びHTML5.0となってHTMLに戻ろうとしているのも、W3Cによる意向が大きく反映されています。

インターネット上の標準を定める組織としては、この他にIETF(The Internet Engineering Task Force)があり、こちらはRFC(Request for Comments)という一連の文書を発行しています。

IETFは、インターネットそのもののインフラとなる規定を中心に扱い、W3Cはその上で利用されるWWWに関連する規定を中心に扱っています。

なお、W3Cが定めた規格に不満を持った企業などによって、W3Cに対抗する「WHATWG」という対抗団体が組織されています。