お問い合わせ窓口

TOPWebマーケティング用語集 > コンテンツ連動型広告

コンテンツ連動型広告

コンテンツ連動型広告とは、Webコンテンツの文脈やキーワードを解析し、内容と関連性の高い広告を配信するシステムのことです。

サイト運営者と広告主のどちらにとっても管理が容易で、Google AdSenseの登場により爆発的に普及しました。

またこれは別名としてコンテンツターゲティング広告,コンテンツマッチ広告,コンテンツマッチ型広告,コンテキスト広告やコンテクスチュアル広告とも呼ばれます。

サイト運営者にとっては、JavaScriptの広告タグを設置するだけで、コンテンツにふさわしい広告が自動的に表示されるため、アフィリエイト広告と比べてメンテナンスの手間がかかりません。

広告主にしても、自動的に自社商品やサービスと関連性の高いページに広告を出稿することができ、広告運営の手間をかけずに潜在客を獲得しやすいという利点があります。

また、検索エンジンの検索結果画面に表示されるPPC広告(検索エンジン広告)のしくみを活かし、検索エンジン以外のウェブサイト上にもPPC広告を掲載することも出来ます。

プログラムがサイト内のテキスト情報などからキーワードを抽出し、そのウェブサイト(又はウェブページ)にどのようなコンテンツ(内容)があるのか判断し、自動的にそのコンテンツにマッチしたキーワード広告を掲載します。

コンテンツ連動型広告はクリック課金型の為、広告がクリックされなければ費用は発生しません。

このコンテンツ連動型広告は、ページ内に掲載されているコンテンツに連動しています。

たとえば、車のサイトであれば、サイトの内容を読み込んだGoogleが車の広告が表示させます。

車のサイトに、関係のないお菓子の広告などは表示されません。

検索連動型広告ではユーザが能動的に情報をさがしているため、結果表示されたときに、検索連動型広告をクリックする割合がコンテンツ連動型広告にくらべ高いという特徴があるのに比べ、コンテンツ連動型広告は、ニュースサイトやブログの記事の横や下に掲載されることがほとんどですので、その時点でユーザはすでに欲しい情報に到達している可能性があるという点でコンテンツ連動型広告は、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンの検索連動型広告とは違います。

また、Yahoo!やGoogleで検索して探しているものでもないため、コンテンツ連動型広告は、検索連動型広告よりもクリックの割合が低くなります

しかし、気になっている人は、そのコンテンツ連動型広告をクリックするものですし、技術が進歩し広告を出稿する側の利便性も高まっていますので、今後さらに伸びが期待される広告の種類です。