お問い合わせ窓口

TOPWebマーケティング用語集 > 広告費用対効果

広告費用対効果

広告費用対効果とは、広告の効果を測る指標の一つで、売上を広告費用で割ったものです。

広告費用対効果はROAS【Return On Advertising Spend】とも呼ばれます。

かけた広告費に対して何倍の売上を得ることができたかを表すもので、この値が高いほど効果的に広告を出稿できていることになります

「顧客獲得単価(CPA)」と「広告費用対効果(ROAS)」は、ともに広告のコスト効率を数値で表す指標ですが、それぞれ性格が異なります。

「顧客獲得単価(CPA)」は、コンバージョンを1件獲得するのにかかった広告費を表します。

また、「広告費用対効果(ROAS)」は、投資した広告費用に対してどの程度の売り上げを得られたのか回収率を表す指標です。この数値が高いほど、費用対効果が高く効率がよいといえます。

これら2つの指標について、例をあげて説明します。

あるカーショップでは、ある期間に50万円の広告費を費やした結果、100万円の車が50台売れ、合計5000万円の売上げがありました。この場合の顧客獲得単価(CPA)はいくらになるでしょうか? 計算式に当てはめてみます(車は一人1台購入したと仮定します)。

<顧客獲得単価(CPA)>
500,000円(広告費用) ÷ 50台(コンバージョン数) =10,000円

一人の顧客を獲得するのにかかった費用は10,000円になります。

<広告費用対効果(ROAS)>
50,000,000円 (売上額) ÷ 500,000円 (広告費用) × 100(%)= 10,000%

この数値から、広告費用1円あたり100円の売上であり、投資した広告費用が100倍の売上になって返ってきていることがわかります。

広告費用対効果(ROAS)は高ければ広告の貢献度がよいとされ、低い場合は、コストを抑えるか、売上をアップさせる必要があります

具体的な対策には、コンバージョン率の向上や、売上アップに結び付くリンク先ページの構築、入札価格と予算設定の見直しなどがあります。