お問い合わせ窓口

CPC

CPCとは、コスト・パー・クリック(Cost Per Click)の略で、インターネット広告における、クリック1回あたりに課金される掲載料金のことです。

コストパフォーマンスを計る指標の1つで「1クリック単価」とも呼ばれます。

これはWebサイトやメールに掲載したテキスト広告やバナー広告などがクリックされ、リンク先の広告主のサイトへネットユーザーが訪れた回数に応じて広告料金が決まるシステムです。

クリック単価制はクリック課金型(PPC)と呼ばれることもあります。

単価設定オプションにはクリック単価制(広告のクリックに対してお支払い)のほか、コンバージョン単価制(制約や商品の購入などのコンバージョンに対してお支払い)インプレッション単価制(広告の表示回数に対してお支払い)があります。

単価設定オプションは、キャンペーンごとに選択します。上限クリック単価(入札単価)は、広告グループごとに設定します。

広告のクリック 1 回あたりの料金が、設定いただいた上限クリック単価(上限 CPC)を上回ることはありません。

上限クリック単価(入札単価)を決める方法としては、個別単価設定(入札単価を自分で設定)と自動入札機能(AdWords のシステムが予算内で入札単価を自動設定)のいずれかを選ぶことができます。

契約した広告回数だけクリックされるまで配信し続けるものを、クリック保証型広告といいます。

インターネット広告など、アクセスを獲得する為の有料施策を行った際にCPCは次のように計算して割り出します。

[CPC]=[投じたコスト]÷[その施策で獲得できたクリック数]

例)ポータルサイトAとポータルサイトBがあるとします。

まずポータルサイトAに100万円のバナー広告を1ヶ月間出稿して、10万クリックを獲得した場合、
[コスト1,000,000]÷[クリック数100,000]=[CPC 10]

次にポータルサイトBに70万円のバナー広告を1ヶ月間出稿して、35,000クリックを獲得した場合、
[コスト700,000]÷[クリック数35,000]=[CPC 20]

よってこれより、ポータルサイトAのCPCは10円、ポータルサイトBのCPCは20円となり、
CPCはポータルサイトAの広告の方が安いということになります。

CPCは広告の配信規模や掲載方式によって異なりますが、おおむね数円から数十円程度です。

最近では検索連動型広告の普及と広告主の増大により、人々がよく検索するキーワードではCPCが数百円から数千円に登ることも少なくありません。

クリック保証型のバナー広告や、クリックごとに広告掲載費用が発生するPPC(Pay per Click)広告では、広告出稿前にCPCが分かりますが、掲載期間を保証するバナー広告や配信数を保証するメール広告では、出稿期間が終わって最終的な広告クリック数を集計するまでCPCを割り出すことはできません。