お問い合わせ窓口

CPM

CPMとはコスト・パー・ミル(Cost Per Mille)の略です。

これはWebサイトの広告掲載料金の単位の一つで、掲載1000回あたりの料金のことをいいます。

ただし一般的には、広告掲載料金を保証インプレッション数で割って得られる金額を“ビュー単価”と呼んで、それを用いる場合が多いです。

インプレッション数を基に広告料金を決めているインプレッション保証型広告を使う場合は、希望するインプレッション数にCPMをかけて1000で割った数値が、広告掲載費用の目安になります

例えば、商品1回の売上に2,000円の成功報酬額を支払うアフィリエイト・プログラムがあったとします。

その成功報酬が実現するにあたり、必要なインプレッション数が、1,000であったとすると、このアフィリエイト・プログラムのCPMは2,000円ということになります。

1万インプレッション数が必要であった際には、このCPMは200円ということになります。

一方、クリック保証型広告など、インプレッション数と無関係に料金が決まる広告でも、出稿期間が終了してからならCPMを算出できます。

このため、料金体系が異なる複数の広告メニューを用いた場合でも、インプレッション獲得にかかった費用を横並びで比べられます。

つまりこれはインターネット広告の費用対効果を表す指標の一つであり、数値が小さいほど費用を抑えて広告を頻繁に露出させることができます

転じて、広告が表示されるたびに広告費が発生するタイプの広告についてです。

インターネット広告における広告主と広告掲載媒体との契約形態の1つを指すこともあります。

この場合、広告が何回クリックされようが費用は変わらず、広告費は広告が表示された回数に応じて決定されます。

最近では、CPM単位での課金は大手Webサイトに限られ、中小サイトではクリック回数あたりの課金や、成果報酬型の課金方式が一般的になっています。

ちなみに、CPMの「M」は、ローマ数字で1000を意味する「M」、あるいは、その由来となったラテン語で1000を意味する「mille」から来ており、英単語の略ではありません。

CPCとの違いは、CPCがクリックに応じた価格算出だったことに対して、CPMはインプレッション数に応じた価格算出であるという点です。

なにに応じて価格を算出するか、というのがポイントとなります。

AdWords では、基本的に発生したクリックに対して料金を払う CPC のシステムをデフォルトで採用していますが、検索ネットワークをターゲットとしないキャンペーンでのみ、この CPM 方式(表示回数に基づいた料金を支払う方式)を利用することができます。

クリックよりも、表示回数を重視したい方向けの方式で、通常 CPM 広告は CPC 広告より高い入札単価を設定する必要があります。