お問い合わせ窓口

TOPWebマーケティング用語集 > アドワーズ(AdWords)

アドワーズ(AdWords)

AdWordsとは、Googleが広告主に対して提供するオンライン広告プログラムで、Googleの検索結果に連動してWeb広告ページへのリンクが表出されます

検索連動型広告やリスティング広告と呼ばれる広告サービスの1つのことです。

広告主はまず申し込みをした後で、掲載したい広告と、その広告に関連のあるキーワードを選択し登録します。

このキーワードは、検索エンジンの検索結果と広告を連動させるために選択するものです。

このようにキーワードごとの申し込みとなっているため、コンテンツとの高いマッチング効果を見込むことができます。

広告とキーワードを登録すると、Googleの利用者がそのキーワードに近い単語で検索を行った際に、広告が検索結果と同時に表示されるようになります。

そのため、キーワードと広告内容がマッチしていれば、目的を持ってクリックされやすく、資料請求や商品購入などの目的の行動まで繋がりやすい(コンバージョン率が高い)という特徴があります

また、Google AdSenseに契約したWebページのうち、キーワードに近い内容のWebページ上に広告を表示させることができます。

検索された単語およびWebページの内容と広告を連動させることで、利用者の興味のある分野の広告を効果的に表示することができ、高い広告効果を得ることができます

Webページ内の広告枠内での掲載位置の順位決定には、クリック単価(CPC)だけでなく、利用者によるクリック率も加味されます。

コストを抑えるために掲載順位を低く指定することも可能です。広告掲載費用としては、最初にアカウント開設費として500円がかかるほかは、固定費なしのクリック単価(CPC)課金制です。

広告主は、クリック単価またはインプレッション単価と、1日の予算を設定します。

費用対効果を高めるための機能としては、広告を配信する地域を絞り込んだり、曜日や時間帯を指定する機能があります。実店舗を持つ企業など、商圏を限定して商品やサービスのプロモーションを実施したい場合は、広告を表示する対象地域を国・地域・都市・市区町村や、住所または緯度経度と半径などで絞り込めます。

検索キーワードに含まれる場所に関連した用語や、利用者パソコンのIPアドレスを基に、配信対象地域が絞り込まれる仕組みです。

また、広告配信の曜日と時間帯を指定できる配信スケジュール設定機能を利用すると、「午前11時~午後2時の間だけ広告を掲載する」といったキャンペーンを実施できます。

AdWords広告が掲載されるのは、検索サイトとしてはGoogleのほかに、infoseek、BIGLOBE、livedoor、@nifty、AOL Search、goo、So-net、hi-ho、OCNなどがあります。

また検索サイト以外にも、All Aboutなどのコンテンツ・サイトや、Google AdSense(アドセンス:Webサイトの内容に関連性の高いAdWords広告を配信するサービス)を導入している数多くの中小規模サイトにも、コンテンツ連動型広告として掲載できます。

このため、Google検索の利用者だけでなく、インターネット利用者に幅広くリーチ可能です。