お問い合わせ窓口

TOPWebマーケティング用語集 > アドセンス(AdSense)

アドセンス(AdSense)

アドセンス(AdSense)とは、Webサイトの内容に関連のあるWeb広告を自動的に配信し、Webサイト運営者に広告収入を支払うサービスの事です。

Google社がWebサイト運営者に対して提供しているサービスであり、Googleが世界各国で提供しているクリック保証(報酬)型(PPC:Pay Per Click)のインターネット広告サービスで、アフィリエイトプログラムの一種です。

このサービスを利用することにより、サイト上において表示されているGoogle提供の広告がクリックされると、サイト運営者に報酬が支払われます(アドセンスでは広告ネットワークを利用した場合と同等以上の収入を得られるようにすることを目標としているとしています)。

日本では2003年の12月からサービスが開始されました。

基本的にサイト運営者が広告(ソース)を掲載するだけなので、運営上の負担も少なく、それにもかかわらず一定の報酬が得られるという優れたシステムです。

Googleから配信されるWeb広告は、Webページを読み込み解析することでその内容に最も関連したものが自動的に選ばれます。

また、Webサイト内にGoogleの提供する検索ボックスを埋め込むことで、その検索ボックスの検索結果に応じた広告を表示することもできます。

Web広告とWebサイトの内容を連動させることで、Webサイト閲覧者の興味のある分野のWeb広告を表示することができ、閲覧者がWeb広告をクリックする確率を上げる効果が期待できます

Webサイトの解析には、Googleの検索エンジンに使われている技術が応用されており、Webサイトに掲載されている文章の文脈に応じて語句の意味を区別し、適切な広告を選択することができるようになっています。

Googleのアドワーズ広告を利用している広告主にとっては、アドセンスを導入しているウェブサイトは、コンテンツターゲティング広告の掲載先となります。

アドセンスを導入しているウェブサイトは非常に多いので、広告主は自社の広告に関連性の高いウェブページにコンテンツターゲティング広告を配信することができます。

なお、アドセンス導入サイトに掲載されるアドワーズ広告は、ウェブページ内にあるテキスト情報などを参照して、Googleのプログラムが自動的に、コンテンツと関連性の高い広告を配信するしくみになっています。