お問い合わせ窓口

EFO

EFOとは、Entry Form Optimizationの略で、エントリーフォーム(入力フォーム)最適化のことを指します。

入力フォーム最適化,エントリーフォームオプティマイゼーションとも言います。

入力フォームは利用者アンケートや会員登録、オンライン商店での発注などで用いられますが、入力形式が分かりづらいなどの理由で途中であきらめてしまうユーザが一定の割合で発生します。

EFOサービスは主に、この途中離脱を最小限におさえるフォームの最適化ことで、サイトでの成約率を向上させる注目の施策です。

具体的にどのようなことかというと、 会員登録や資料請求などの際に入力するフォームを最適化しようというものになります。

入れる項目を増減させたり、見せ方を変えたりすることで、少しでも使う人のストレスがたまらないようにして、できるだけ脱落する人を少なくすることを目的としています。

EFOの具体的な手法ではまず、入力必須項目を減らす複数ページにまたがっていたフォームを一つにまとめてページ遷移を減らすといった改善方法が挙げられます。

ユーザの入力ミスがあったときに、エラーメッセージを自動的に表示し誤記入を防いだり、入力作業が進むにつれて、入力の必要がなくなった項目を自動で表示しないようにしたりといった、入力支援機能の強化も含まれます。

また、電話番号の入力欄で市外局番と市内局番などの間にハイフンの入力が必要かどうか、住所の番地を入力するときは半角文字と全角のどちらがいいのかなどを調べるような細かい検証と改善作業の繰り返しが有効です。

EFOサービスは、主にタグを設置してネーム値をキーとして入力を補助するASPサービスが一般的ですが、中にはFlashでフォーム自体を開発するサービスもあり、多岐にわたります

ビジネス上、どうしても記入項目が多くなってしまう人材系や金融系のWEBサイトに多く導入がされています。

~EFOの具体例~

EFOには様々な方法がありますが、一般的に行われることが多い施策は以下のようなものです。

1.ナビゲーションを分かりやすくする。
2.入力の項目数を最小化させる。
3.郵便番号などから自動で住所に変換させる。
4.入力内容に誤りがある場合など、分かりやすくエラーを表示させる。
5.必須項目と任意項目の区別を明確にさせる。
6.個人情報の取り扱いに方法を目に付く場所に明示する。
7.フォームの通信を暗号化し、また暗号化されている事を分かりやすく表示する。

EFOは、SEO(検索エンジン最適化)やLPO(ランディングページ最適化)と共に、Webマーケティングにおける最適化手法の一つとして注目されています。