お問い合わせ窓口

TOPWebマーケティング用語集 > リスティング広告

リスティング広告

リスティング広告とは、ユーザ(インターネット検索の利用者)が求める情報に合致するホームページを目立つように表示し、ユーザを自分たちのホームページに誘導するためのマーケティング手法で、検索エンジン(Yahoo!やGoogleなど)でユーザがあるキーワードを入力し、検索ボタンをクリックした時に、『スポンサーサイト』として、その検索結果に連動して表示される広告の事です。

リスティング広告は、この他にも「PPC(Pay Per Click)」「P4P(Pay for Performance)」「CPC(Click Per Cost)」「キーワード連動広告」「検索連動広告」などいろいろな呼び名があります。

掲載する広告料金はクリック単価によって決定されます

その入札はオークション方式で行われ、最も料金を高く設定した広告主が、広告を掲載する機会を得ます。

そのため必然的に、検索回数の多いキーワードに対して広告を掲載しようとすると、その落札価格は高くなります。

広告はあらかじめ指定したキーワードが検索された時にのみ掲載されるため、既にそのキーワードに高い関心を持った人が広告をクリックする場合が多いです。

そのため、広告主にとっては購買意欲の高い顧客を取り込める可能性が高くなるといえます。

リスティング広告はクリック課金となっており、検索エンジンの検索結果画面での広告の表示には料金はかかりません。

クリックされた際にのみ料金が発生するという、これまでの広告の概念を打ち破る新しい広告の形として、注目されています。

御社がターゲットとするユーザが使用しそうなキーワードを設定することで、費用対効果の高い広告展開が可能となります。

リスティング広告を事業としている広告会社はいくつかございますが、より効果のある広告は事実上 Yahoo!への広告「Yahoo! JAPAN リスティング広告」Googleへの広告「Adwords(アドワーズ)」の2社のみと言ってもいいでしょう。

またリスティング広告はは広告の内容変更や配信停止がいつでもすぐにでき、広告が表示された回数、クリックされた回数、 かかった費用、費用対効果などのデータ収集や効果測定が可能ですので、データを分析しながらより効果的な運用が可能となります。

例えば、仮に猫のしつけの情報を求めているユーザはYahoo!やGoogleの検索で、「 猫 しつけ 」と入力して検索すると思います。

このときに広告主はこれらのキーワードを入札しておく事で、検索した人が 「 猫 しつけ 」 と検索したときに猫のしつけを求めている人に対して「 猫のしつけならコレ! 」等の的確な広告文(アプロ―チ)をする事により、売上に結び付ける事が可能になるわけです。

これを、新聞折り込みチラシと比較すれば、かなりの効率の良さが分かると思います。

新聞折り込みチラシは、広告主側が求めているターゲットは決まっていても、それと関係の無い人にまで渡ってしまうのが欠点です。これは大きな「経費のロス」となります。

しかも1回に掛る費用は10万円~と、個人ではなかなか手が出せないのも欠点の一つです。

それに対しリスティング広告は、広告を見かけたユーザ(見込み客)がその広告をクリックしないと広告費が発生しません。

しかも1クリックの広告費は、そのキーワード等の人気にもよりますが、1円から出稿が可能です。

※  最大での入札可能な金額は9,999円です。