お問い合わせ窓口

TOPWebマーケティング用語集 > 検索連動型広告

検索連動型広告

検索連動型広告(けんさくれんどうがたこうこく)【keyword targeted advertisement】とは、インターネット広告の一種で、検索エンジンで一般ユーザが検索したキーワードに関連した広告を検索結果画面に表示する広告(テキスト形式)です。

「キーワードターゲティング広告」とも呼ばれます。

また、「リスティング広告」やクリック毎に広告主(クライアント)の費用が課金されること(クリック課金(PPC:Pay Per Click))から「P4P(Pay for Performance)」とも呼ばれます。

検索連動型広告はインターネットの特性を活かした広告手法であり、その効果の高さからここ数年で非常に多く利用されるようになっているものです。

細かな予算設定が可能で、月に数万円の少ない予算でも始められ高い効果が期待できますから、検索連動型広告は中小企業や個人事業者にもお勧めのサービスです。

検索連動型広告のメリットとしては次のような事柄があげられます。

少ない予算で直ぐに始められる
クリック課金で無駄な費用が防げる
効果測定が行いやすく効果を確認しながら進められる
代理店を介さずに自分で直接管理できる

代理店を介さないから、少ない予算でも効果的な広告が可能とも言えます。

検索連動型広告のメリットは、検索サイトのユーザがあるキーワードについて検索した時(そのキーワードに興味を持っている時)に、関連の深い広告を表示できることです。

また、検索サイトという人の集まるサイトに広告が掲載されることで人々の目に触れるチャンスが多いこともメリットとなります。

広告出稿者は任意のキーワードを指定し、キーワードごとの人気度と、広告が実際にクリックされた回数などから算出される料金を支払います。

検索サイトの利用者が実際に検索したキーワードに関連する広告が表示されるため、一般のウェブサイトに掲載される広告よりも利用者の興味を引きやすく、実際に広告がクリックされビジネスにつながる率が高いです。

また、広告の表示回数を少なく設定すれば初期の出費が少なく小規模事業者でも出稿しやすい、といったメリットもあります。

検索連動型広告を提供するサービスは有料リスティングサービスと呼ばれます。

有料リスティングサービスの代表的なものにはオーバチュア社の「スポンサードサーチ」やGoogle社の「アドワーズ」などが挙げられます。

Web上での広告配信形態には他に、ユーザが見ているサイトの内容に応じて配信する広告を選ぶ「コンテンツターゲティング広告」や、サイト閲覧履歴や検索キーワードの履歴などに応じて配信する広告を選ぶ「ビヘイビアターゲティング広告」などがあります。

ただし、検索サイト自体の利用者が少ないと効果がないため、検索サイト相互の競争が激化する要因となっています。

米グーグル社が自社で開発したシステム(アドワーズとアドセンス)を採用して利益を出していることから広く認知されるようになりましたが、考案したのは米オーバーチュア社(現在は米ヤフー社の一部門)です。

~検索連動型広告の種類~

オーバーチュアとアドワーズリスティング広告、検索連動型広告、キーワード広告、クリック課金型、コンテンツ連動型など様々な呼び方をされますが、代表的なサービスとしては、「Yahoo!リスティング広告」と「グーグル・アドワーズ(Google Ad words)」の2つになります。

・Yahoo!リスティング広告-「スポンサードサーチ」
日本で一番人気のあるヤフーの検索結果に手軽にあなたのあなたのホームページの紹介を表示することができます。以前はオーバチュア(Overture)と言われていたものです。

・グーグル・アドワーズ広告(Google Ad words)
Googleおよびパートナーサイトの検索結果に、あなたのホームページの紹介を表示することが出来るサービスです。コンテンツの内容に合わせて自動的に配信されるAd Senseも大きな魅力です。