お問い合わせ窓口

CPA

CPAとは、「Cost Per Action」もしくは「Cost Per Acquisition(Acquisition=獲得)」の略であり、顧客獲得単価とも言い、広告戦略における用語です。

成果報酬型広告、アフィリエイト広告における広告単価の指標で、商品購入や会員登録などの広告成果を1件獲得するために必要となったコストのことです。

単に自社の商品を購入してくれた顧客の獲得単価だけでなく、例えば資料請求やメルマガ会員の獲得など、Webサイト上でコンバージョンと設定している目標の達成にかかる費用として計測することもあります。

成果報酬型の広告プログラムでは、サイト訪問者が広告をクリックして広告主のサイトを訪れ、そこでユーザ登録を行ったり物品を実際に購入するなど、何らかの行動を起こしたときに報酬が支払われます。その際の行動一件あたりの報酬額がCPAです。

これは広告主からすると費用対効果を見ながら広告予算をコントロールできるメリットがあります。

クリック保証型広告のクリック単価(CPC)は数円~数十円程度が多いのに対して、CPAは数百円から数千円、高いものでは数万円にのぼるものもあります。

逆に、サイト訪問者数に対する成果が発生する件数の割合は、クリック保証型よりも1桁から2桁下がることになります。

広告をクリックするだけでなく、広告主のサイト上で実際に何らかの行動を起こさなければならないためです。

~CPAの計測方法~

CPAは、成果達成のために取り組んだ施策全体の費用を、成果の件数で割って算出します。

例えば1000万円の広告予算でメルマガ会員獲得のキャンペーンを実施し、実際に500名の会員申込みがあった場合は、10,000,000円/500名=20,000円となり、このキャンペーンのCPAは20,000円ということになります。

申し込み件数が多くなればなるほどCPAの値は小さくなっていくため、一般的にCPAは低ければ低いほど広告宣伝効果が高いとみなされます。