お問い合わせ窓口

TOPWebマーケティング用語集 > アフィリエイト

アフィリエイト

アフィリエイトとは、「成功報酬型広告」とも言われ、Webサイトやメールマガジンなどが企業サイトへリンクを張り、閲覧者がそのリンクを経由して当該企業のサイトで会員登録したり商品を購入したりすると、リンク元サイトの主催者に報酬が支払われるという広告手法の事である。

即ち、インターネット上での広告を目的とし、広告主と広告掲載者が提携するシステムである。

アフィリエイト(Affiliate)の言葉は、「加入する・提携する・関係する」といった意味を持っており、ここでは「提携する」がいちばんイメージ として当てはまります。

ほとんどの場合、広告の大きさや種類(バナー、テキスト)はホームページの運営者側で選ぶ事ができるので、サイトのデザインやイメージに合った広告を貼りつけることができます。

実際には「バリューコマース」や「A8.net」などのASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)が間に入り、スポンサーとの契約や成約状況の管理、報酬金額の精算など面倒なことを肩代わりしてくれるので、サイトの運営者はホームページの管理や運営に集中することができます。

このアフィリエイトのメリットとしては、まずなんといっても手軽に収入が得られることです。月10万円ぐらい稼ぐアフリィエイターになるには、かなりの労力がいるかもしれませんが、広告の選択をキチンとすれば月に数千円は十分に稼ぐことができます。

またアフィリエイトの仕組みを使うとショッビングカートなどを設置せずに、簡単にネットショップを開くことがきます。利益率は大きくありませんが、受注や 在庫、商品の発送など面倒で手間のかかることはスポンサーがやってくれるので、資金や時間がなくてもネットショップを開業できます。

ホームページの内容充実にもつながります。

企業にとっては、潜在的に商品に関心を持つ層に容易に到達できるというメリットがあります。また、売上に応じて媒体側への支払い額が決まるため、ポータルサイトへのバナー掲載のように成果とは無関係に広告費が決まる他の手段に比べ、極めて費用対効果の高い広告手法と言えます。

またホームページやブログに広告を貼り付けるだけでなく、本格的にネットショップを目指すのなら「ドロップシッピング(Drop-shipping)」という方法があります。