お問い合わせ窓口

TOPWebマーケティング用語集 > クローキング

クローキング

クローキングとはSEO対策の一つで、ユーザに提供しているコンテンツとは異なるコンテンツを検索エンジンの巡回ロボット(クローラー)に認識させる手法です。

クローキングは別にステルス (stealth) やファントム(phantom)とも呼ばれています。

Googleをはじめとする主要な検索エンジンは、例えばテキスト中心でキーワードの比率が高いページや、HTMLの構造がシンプルなWebページを高く評価し、逆にフレームセットの使用やFlashを多用したWebページなどを好まないことが知られています。

そこでこのクローキングは、アクセス元のIPアドレスやユーザーエージェントを判別して、人間がアクセスしてきた際にはFlashなどを多用した見栄えのするWebページとして見せる一方で、検索エンジンがアクセスしてきた際にはSEOを重視したシンプルなページを読ませるように切り替えるSEO手法として登場しました。

検索エンジン側ではクローラーだけではクローキングかどうかは判断がつきません。

画像データなどのデータをテキスト化して渡す、といった使い方は妥当とも思われますが、クローキングを悪用したWebサイトが多数発生すると検索エンジンの信頼性が低下することから、多くの検索エンジンではクローキングに否定的な立場を取っています。

Googleはクローキングをスパム行為と公言しており、過去には大手企業のBMWやリコーがクローキングを使用し、一時Googleから削除された経緯があります。

よってクローキングの対抗策として不自然に上位リストされたサイトを人海戦術でチェックするなどの方法が行なわれています。

そして、もしクローキングと判明したらそのサイトをインデックスから外したり、厳しいペナルティを科して検索順位を極端に下げたりしています

このリスクから現在では、クローキングを行っているホームページはほとんどありません。