お問い合わせ窓口

TOP船井総研のWEBコンサルティング > SEOコンサルティング

SEOコンサルティング

SEO対策を手がける会社は山ほどあります。

その多くの会社は”上位表示達成率””対策実績キーワード数”、そして”完全成果報酬制”を強みとして打ち出しています。

もちろん、SEO対策に必要なのは上位表示の達成ですし、完全成果報酬制も必要な場合もあります。しかし、前提としてSEO対策はあくまでも業績アップのための手段でなければなりません。そのためには、業種・業界に精通した知識と、確かなSEO対策技術が必要不可欠です。

 

『費用対効果抜群』のSEO対策が船井総研の強み

「少ない費用でたくさんの反響があれば良い。」

誰もが上記したようなことを考えると思います。船井総合研究所はそれを実現できます。

反響が高い=ビッグキーワード(検索数の多いキーワード)と思われている方が多くいらっしゃると思います。しかし、ビッグキーワードになればなるほど、SEO対策の費用も上がっていきますし、さらに費用も高くついてします。

費用対効果の最大化を図るためには、本当に効果の上がるキーワードの選定から始める必要があります。ビッグキーワードを選定すれば良いということではありません。

我々船井総合研究所の強みは”日本トップの経営コンサルティング会社”であることです。100を超える業種・業界の専門コンサルティングチームの知見とノウハウ、ナレッジを保有しているため、どんな場合においても確実なキーワードを選定し、結果に結びつけることができるのです。

また、日本でも指折り実績を持つSEO対策・SEOコンサルティング会社と提携もしております。

確実に費用対効果の上がるSEO対策を提供できる自信があります。

どんなことができるのか

基本的には、SEO対策だけではなく、業績アップにつなげることを目的としたWEBコンサルティングを、現状診断、運用サポートまでを行います。場合によってはWEBサイトの構造そのものを改善を行ったり、商品・サービスの開発・MD構成を変更することもあります。

とにかく成果・結果にこだわります。

市場環境・競争環境を考慮した上で、具体的には以下のような手法を取ります。

ビッグキーワードSEO対策

最も競争が激しい分野です。市場性(キーワードボリューム、客層、ライフサイクル等)や競合環境(同キーワードでの対策状況)を考慮し、費用対効果を最大化できる場合のみこちらを行います。ポイントはキーワードボリュームとコンバージョン率、そして粗利率です。これらを総合的に検討し、最適なコンサルティングを実施します。

小商圏対応型SEO対策

ビッグキーワード×エリアで絞込みを行い、費用対効果の最大化を狙います。キーワードボリュームが一定以上必要なのと、自社の強みをどのキーワードで発揮させるかが最大のポイントとなります。全国各地、あらゆる業種での成功事例を保有する船井総合研究所だからこそできる手法です。

商品絞込み型SEO対策

商品・サービスとなるキーワードを絞り込み、セグメントされた分野での一番シェアを狙います。SEO対策をできる会社は数あれど、この商品・サービスの適正な絞込みは経営コンサルティング会社である我々しかできないものです。

ロングテールキーワードSEO対策

ビッグキーワードによるトップページへの集客だけではなく、検索キーワードが非常に細かい、ニッチなキーワードを囲い込みます。どんなキーワードが有効なのか、どんなキーワードが最も集客できるのか、繰り返しになってしまいますが、このキーワードの選定に関しては我々は最も強みを発揮します。

「もうWEB会社・SEO会社選びに失敗したくない」

そんな会社様、ご担当者様は特にご連絡いただければと思います。