お問い合わせ窓口

TOP船井総研の実績 > WEBコンサルティング導入事例2(株式会社さくらコーポレーション 様)

来店数2.3倍、11か月連続で実現!賃貸仲介会社が「WEB仲介モデル」で成功

株式会社さくらコーポレーション 様

株式会社さくらコーポレーション
取締役 田中 大輔様
株式会社さくらコーポレーション 様岡山県倉敷市に4店舗を展開する不動産仲介会社様です。
船井総研が提案している「WEB仲介モデル」を採用しています。
会社サイトURL:http://www.sacra.co.jp/
不動産賃貸専門サイトURL: http://www.kuranavi.com/

コンサルティング前の背景

変化していくマーケットへの危機感

ここ数年間の仲介売上は減少、管理戸数は横ばい、管理物件の入居率は95%超を何とかキープしていましたが、拡大はままならない状況でした。刻々と変化していくマーケットに危機感を覚え、新規エリアに出店して定着に成功していたものの、競合会社の相次ぐ出店により、次第に集客で苦戦するようになりました。ここ数年では集客は激減して、店舗人員に対して採算が合わない状況となっていました。

コンサルティング

仕入れの徹底と分業

不動産会社の原点に返り、仕入れの徹底的に行いました。船井総研の梶さんからのご提案で、現場から物件情報を集めるため、1店舗を閉店して人員を確保し、インターネットの物件掲載を専任化しました。これにより、営業マンは従来の営業に専念することができ、集客アップと成約アップを同時に実現することができました。

チームワークとPDCAで営業力アップ

株式会社さくらコーポレーション 様さらに、増えたお客様に対して雑な接客にならないように「チーム営業スタイル」を確立。しっかりロープレ(ロールプレイング。接客の実践練習)を行います。
さらに「営業日報システム」を導入し、日報を毎日営業マンに義務化、船井総研の梶さんにフィードバックをもらうことで、PDCAを徹底し、個々の営業マンの営業力アップも試みました。

現在

来店数が2.3倍にアップ!

仕入れの徹底により、集めた空室情報は1店舗当り常時3,000室。インターネット掲載に関しても工夫をこらし、来店数は2.3倍に増えました。お客様が増えることにより、店に活気が出始め、横ばいだった全体売上は、昨年対比4倍になりました。

人材育成のスピードを実現

また、チーム営業により、人材育成のスピード化も実現しました。営業日報システムでは「新規来店対応数」「案内率」「申込率」「契約率」「成約物件構成比」などの数値指標の実態と、目標値とギャップを明らかにすることで、営業マンの意識向上にも貢献しました。

営業本部長を雇った気分

船井総研の梶さんは、「WEB仲介モデル」を弊社へ提案してくれ、仕入れや掲載方法に工夫をこらして来店数の大幅アップに寄与してくれました。また、各営業マンのフォローを毎日してくれるので、営業がやる気になってくれています。まさに営業本部長を一人雇ったような気分です。こんなに優秀な人材はどこを探してもいないと思います。今後もよろしくお願いします。

担当コンサルタント

宮下 一哉
宮下 一哉(ミヤシタ カズヤ)
株式会社 船井総合研究所 チーフ経営コンサルタント
神奈川県出身。 中央大学法学部卒業後、アパレル関連の輸入代理店兼メーカーの営業企画職を経て、株式会社船井総合研究所に入社。 入社後は、住宅不動産ビジネスコンサルティンググループに所属し、主に、賃貸不動産管理会社の業績向上コンサルティングを手がけている。
梶 宏輔
梶 宏輔(カジ コウスケ)
株式会社 船井総合研究所 アシスタントコンサルタント
Webを切り口とした、不動産業(賃貸・売買仲介、管理業務)の業績アップ・活性化を手がけている。市場調査、マーケティング戦略、現場レベルでの売上アップ提案まで実施。特にWeb仲介選任モデルの導入をしています。「インターネット集客戦略」を武器に賃貸仲介業の実績アップに関わり成功事例は多数存在。現場とのやり取りは毎日欠かさず、各社営業マンからも毎日の業務報告を受け、「どうやったらできるか」をモットーに、年間365回PDCAを回すことを自身ともに現場レベルで浸透させている。